育児・子育て

【子育ての仕方がわからないことだらけの人必見!!】育児の仕方の3つのコツ伝授

子育ての仕方がわからないことだらけで悩んでいる方は、まずは、何のために一生懸命に子育てをしようとしているのかを考えてみましょう。

最終的には子供が無事に成人してきちんと社会の中で生きて行くための基礎作りが子育ての目的です。

色々なことが起こる世の中ですから辛いことや逆境に耐えうる精神力が必要とされます。

この精神力の強さを表わす「レジリエンス」を乳幼児の時から鍛えることが上手な子育ての仕方の基本となります。

「レジリエンス」の意味の解説と「レジリエンス」を鍛える育児の仕方の3つのコツを紹介します。

「レジリエンス」を鍛える子育ての仕方を理解したい人は是非、最後までご覧下さい。

【ポジティブな子育て】子供のメンタル強化に繋がるレジリエンスの意味は?

レジリエンスとは「困難や苦境からの回復力・復活力」または「変化に対応する能力」を表わします。

上手な子育ての基本がレジリエンスの強化であることを意識すると子供の成長にあわせて一貫性のある子育てが可能になるでしょう。

嫌なことがあったり、やりたい事が上手にできなかった時、子供の心は深く傷付き落ち込みます。

子育て中の親ならば、子供に出来る経験をたくさんさせて自信をつけさせたいと考えるでしょう。

もちろん、達成感を味合うことも大切ですが、落ち込んだ気持ちからできるだけ早く立ち直るトレーニングさせることも必要です。

立ち直りの早い子と遅い子の違いは、物の見方、捉え方です。

嫌なことや苦手な事をさせないのではなく、めげずに再チャレンジさせるように上手く誘導することが子供の逆境に打ち勝つ力を強化します。

また、親の関わり方がポジティブとネガティブの分かれ道になることも多いのです。

親がポジティブな関わり方をした子供はポジティブな発想を吸収しやすく、反対にネガティブな関わりをした子供はネガティブな発想を持ちやすい傾向が高まります。

例えば、親が子供の学習能力が低いと勝手に判断してしまい、やっても無駄だと決めつけてしまった場合、子供は「無力感」というネガティブな思考を学んでしまいます。

自分がネガティブな思考や言動が多いと思う人は、自らがポジティブに変わる努力が必要です。

親のポジティブな発想が子供のレジリエンスの強化に繋がります。

レジリエンス強化を目指した育児の仕方【3つのコツを伝授】

あらゆるシチュエーションに対応できるレジリエンスの強化を意識した育児のコツを3つ伝授します。

家族の絆を強化すること

人間はひとりでは生きて行けない弱い生き物です。

子供にとって一番最初に関わる人間は親であり、兄弟・姉妹です。

幼い頃から周りの人間、家族は常に自分の味方で守ってくれる存在であることをしっかり認識させることで、逆境からの復活力が高まります。

また人の気持ちや痛みに共感できる能力も幼い頃の家庭環境が大きく影響を及ぼします。

親が子育ての中で家族の絆の強化と共感力を示すと子供の学びに繋がります。

親の先回り行動を止める

子供が失敗をして悲しんだり落ち込んだりしないように事前に先回りして環境を整えることが親の役割だと考えている人も多いでしょう。

しかし、その行動は子供が負の感情から立ち直る能力のトレーニングする機会を奪ってしまっているのです。

怖いのは失敗することではなく、立ち直り方を知らずに成長してしまうことです。

親は先回りをするのでは無く、転んでも立ち上がり再び歩きだすまでを見守る気持ちが必要です。

自分で考えて行動する力を促す

赤ちゃんから自我が目覚める頃が子育ての中で一番手が掛かるというデータがあります。

子供の好奇心とやる気を伸ばしてやりたい気持ちはわかっていても毎日の限られた時間の中ではついつい親が子供の行動を管理しがちでしょう。

自己管理能力、何を着るか、何で遊ぶかなど自分で考えて行動する力を促す子育てを意識してみましょう。

自分で決断して実行するチャンスが多かった子供は将来、大きく成功する可能性が高まります。

親が見守ることができる幼児期からスタートすることで、経験値が多くなり、より能力のパワーアップを図ります。

また、自己管理能力は大人になってからは急にできるようになる能力ではなく、小さい頃からの積み重ねが必要です。

親は忍耐力が鍛えられるでしょう。

子育ての不安解消法についてはこちらをチェック!!

【先輩パパ・ママに聞いてみよう】子育ての悩みや子供の将来の不安の解消法は?

【基礎は家庭にあり】レジリエンス強化の子育てで強い人間に育てよう!

上手な子育てのコツは、「深い愛情を示すこと」「失敗を恐れずチャレンジする機会を与えること」「小さい頃から自己管理能力をコツコツと身に付けさせる」の3つが基本にすることを意識するだけで、迷いも不安も無くなります。

また、親自身もレジリエンスを強くなるように努力することで子供に良い影響力を与えられます。

その結果、子供が生き生きと明るく元気な笑顔をたくさんみせてくれるようになるでしょう。

育児の基本が決まると子育てにも自信が持てますね。

子育ての仕方で悩んだ時は是非、当記事を参考に頑張ってみてくださいね。

-育児・子育て
-,

Copyright© 育児・子育てブースト , 2020 All Rights Reserved.